「従業員の福利厚生の範囲について」公開です。

2015-07-08

みなさんこんにちは。

源泉所得税の納期限は7月10日ですが、もうみなさん納付されましたでしょうか?
納付してないとすぐ、税務署から電話がかかってきます。忘れないようにしましょう!

また本日「従業員の福利厚生の範囲について」を公開しました。
なにがどこまで損金になるのか、従業員のいる法人にとっては一番気になるところだと思います。
ただ、調べてみると「通常必要と思われる範囲」といったどうとでもとれるような言い回しの説明しかありません。何が通常なのか何が常識なのか実は税理士であってもはっきり断定できるものはありません。
簡単そうにみえて実はなかなか難しい問題です。
はっきりとしたガイドラインがあったほうがやりやすいのですが、そういう基準を設けてしまうと企業の実情にあった経理が難しくなってしまいます。

少し解説の量が少ない気がしますのでまた別の機会に補充していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

千葉県船橋市の税理士 長谷知之

トップページ 税務会計顧問 設立開業支援 会社の税務情報 不動産税務情報 農業経営アドバイザー 登録政治資金監査人 TAXシミュレーション 経営計画とMAS監査 弥生会計サポートサービス お問合せフォーム 事務所概要 hasetaxのブログ 全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」認定アドバイザー 会計ソフト「MFクラウド会計」 全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」認定アドバイザー あんしん経営をサポートする会 長谷税務会計事務所-長谷知之